文字サイズ

浴風会病院

HOME
>
病院概要
>
院長挨拶

院長挨拶

 

浴風会は大正12年の関東大震災のため自活できなくなった高齢者の救護を行う目的で、皇室の御下賜金および一般義捐金により大正14年に設立され(浴風会病院は昭和3年開設)、以来90年以上にわたり老年医学研究および高齢者医療・介護・福祉の分野において多大な貢献を果たしてまいりました。62,849平方メートル(東京ドームの約1.3倍)という広大な敷地の中に、当院をはじめ老人保健施設、特別養護老人ホーム、養護老人ホーム、軽費老人ホーム、グループホーム、ケアハウスなどの施設が点在し、都区内にありながら樹齢100年以上の樹木や種々の草花など緑豊かな環境に恵まれています。機会がありましたら、ぜひお立ち寄りください。

さて、令和23月にWHOが新型コロナウイルスの「パンデミック」宣言を行ってから1年あまりが経過しました。変異ウイルスの感染者が多数確認されるなど、今なお予断を許さない状況が続いています。当院においても、各種の感染防止対策の徹底はもとより、入院時、および発熱などコロナが疑われる症状で受診された患者様に対し、LAMP法検査(PCRと同じく核酸検出検査の一種)、胸部CT検査などを積極的に実施し、コロナの早期診断・早期対応に努めております。これからも引き続き感染防止に全力で取り組んでまいります。

まもなく当院でもコロナワクチン接種が開始されます。皆様に安心して接種を受けていただけるよう、自治体と協力して万全の体制で臨む所存です。

 

今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。

令和347

 

院長 伊藤嘉憲

院長 伊藤嘉憲

 

診療科・部門 医師紹介 へ

このページの先頭へ